<< 着工 | main | 解 体 >>

造作家具

造作家具の取り付けの立ち会いに行ってきました。

「お花を飾れる飾り台としての家具が欲しい」
との、施主さんのご希望でした。

部屋の雰囲気になじませるために、ベース色は柱等と同じ色目とし、アクセントとして天板などの一部をオスモカラーのクリヤー塗装で仕上げました。

やはり、無垢の木を用いるとプリントの既製品などとは全く違った存在感となり、今後の経年変化も楽しみの一つとなります

部屋の雰囲気を壊すことなく良い家具が出来たと施主さんにも喜んでいただき、嬉しいかぎりです



省スペースでの計画のため、おもしろい形状となりました


タモの無垢板なので小口(板の切断面)も綺麗です
無垢ならではの表情が見え、僕の大好きな箇所でもあります


奥に見えるのが玄関で、お客様をご案内すると、まずこの飾り棚にあるお花に視線がいくように演出してあります

at 09:58, 豊岡大策, 仕事 コツコツと・・・

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.toyooka-archi.com/trackback/10