<< シロアリ・酸性雨 | main | 環境への取組み >>

雨漏り・組積造補強


雨漏りの疑いがあるとの連絡があり、さっそく現地へ

今のところ目に見えての漏水はないとのことでしたが、

物干し場として使っておられる屋上をみせて頂くと、ガムテープが貼ってありました。

めくれた箇所に貼って補強しているのでしょうが、これでは漏水するのは時間の問題です 



さらに、この建物は「組積造」といいコンクリートブロックを積んで造ってあります。

高さ4m以上で、隣地との距離もないため地震などに備えて補強をしたいとの相談もうけました。

20年以上前なのでブロックの間々にきちんと鉄筋やモルタル詰めが行われているかも不明です

とにかく、現場の写真をとり採寸をおこない現状の調査を行いました。

構造事務所の方と近々会う予定なので相談してみよう。。。


まずやるべきは、防水の業者に連絡し屋上シート防水の再施工です

補強については、費用もある程度かかる話なので追々相談することとしました


現状シート防水 寿命は10〜20年くらいです



コンクリートブロック造の壁です
屋根はデキップレート+コンクリート




豊岡建築設計工房
Toyoooka Architect Studio

at 14:39, 豊岡大策, 仕事 コツコツと・・・

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://blog.toyooka-archi.com/trackback/28